HOME>トピックス>縛り付けた教育ではないゆとりが人気化する

ワンオペ育児にも活用

今、大阪の幼児教室が人気化するのは、ワンオペ育児を頑張るママさんがいるからというのもあるようです。子どもにかまってあげたいのに、やらなきゃいけないことがありすぎて、手が回らないこともあるようです。大阪という親しみやすい環境もあって、保育感覚で幼児教室に通わせる親も少なくありません。もちろん、一般教養をしっかり教えてくれるからこそ通わせるのですが、融通性が利くのも人気の一つなのでしょう。

おしゃべりメインだからラク

最近の幼児教室では親子参加型が人気らしく、大阪にも教育法を模索する親子からの体験したい声が聞かれているといいます。子ども同士で、ママ同士でトークしながら、おしゃべりメインとなる教室もあります。いわゆる話し方教室やコミュニケーション能力を高める教室です。

感覚が研ぎ澄まされる

算数を教えたりする学習塾などではなく、ピアノやそろばんなどの習い事となる教育も大阪では行われています。そうした幼児教室では、五感が刺激されるために成長性が高まるといいます。表現力が豊かになるから、そうした声もあって人気なようです。

0歳からも教育を受けられる

今は、0歳から幼児教室に通うことができるため、大阪で働くママさんから人気を集めています。兄弟や姉妹で通えるのもウリで、0カ月から年長さんとなる幼児コース、幼児語学コースや運動コースなどまでが展開されています。

広告募集中